はなまるレシピは簡単 手軽で主婦に大好評なレシピです。男性も自作弁当 男の料理など料理に興味を持つ人が増えています。 マクロビオティック料理教室 イタリア料理教室などに通う方も多いですね。

スポンサードリンク

幼稚園 弁当 レシピ



保育園や幼稚園に通うようになると、毎日のお弁当づくりに頭を悩ませるおかあさんもおられるでしょう。
食の細い子なら、なおさらです。
どうしたら全部食べてくれるのか、まるで子供との勝負のような感じです。
子供って、同じものでもチョッとした遊び心で食べてくれたりするんですよね。

それでは、幼稚園弁当レシピについて紹介します。
保育園や幼稚園に通う、小さな子供のための弁当づくりのコツは、分量を大人の約半分を目安とすることです。
「全部食べた」という満足感が得られるよう分量を調節します。
また、子供の口の大きさに合わせて、食材を小さめに切るなどの工夫も大切です。
おにぎりや海苔巻きなどもおすすめです。

組み合わせは「主菜+2副菜+ご飯」が基本です。
弁当箱は小さめを選び、弁当箱に隙間なくきっちり詰めることが大切です。
大きめの弁当箱にゆったり詰めると隙間が出来、せっかくきれいに詰めた弁当が崩れてしまうことがあるからです。

幼稚園弁当レシピで子供たちに人気なのが、楽しくお弁当を食べてもらえるアレンジ弁当レシピです。
特にアンパンマンドラエもん・キティちゃんなどの人気のキャラクターをアレンジした幼稚園児弁当は見ていても楽しく、幼稚園児から学童期までの子供に人気のレシピです。

たとえば市販のキャラクタープリントのりを使った「クマのプーさん弁当」レシピです。
のりはくまのぷーさんなどのキャラクターのイラストがプリントされたのりで、カットのり同様にご飯に載せたり、おにぎりに巻いたりするとそれだけで可愛い幼稚園弁当になり、子供たちも大喜びです。

また、ハンバーグで可愛いクマをつくったクマさん弁当も人気の幼稚園弁当レシピです。
作り方はハンバーグをクマの顔と耳の形につくり、口の周りはチーズを丸く切って作り、カットのりを目鼻口の形に切り貼るだけで、可愛い幼稚園児弁当の出来上がりです。
子供の喜ぶ姿を思いながら、作ってあげてくださいね。




posted by グルメレポーター at 16:03 | レシピ
フランス料理 中華料理 トルコ料理 和食 韓国料理 エスニック料理など各国の料理にはそれぞれ特徴があります。 香辛料 野菜 魚介類 チーズ ワイン 多彩な食材が使われています。
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。