はなまるレシピは簡単 手軽で主婦に大好評なレシピです。男性も自作弁当 男の料理など料理に興味を持つ人が増えています。 マクロビオティック料理教室 イタリア料理教室などに通う方も多いですね。

スポンサードリンク

フランス 料理



フランス料理は、世界三大料理の一つであり、西洋料理を代表する料理です。フランス料理といって思いつくのは、パンにワインに、チーズそしてフォアグラ、キャビア、トリュフなどの世界三大珍味ではないでしょうか。18世紀当時の料理の先進国はイタリアでした。フランス王アンリ2世と、イタリア・フィレンツェの貴族メディチ家の娘カトリーヌ・メディシスが結婚したことでフランスの料理は大きく変化します。カトリーヌの専属シェフにより、現在まで受け継がれているフランス料理とテーブルマナーが伝わりました。

フランス料理のテーブルマナー(礼儀作法)の第一は、「清潔」です。食前に手を洗う習慣をつけ、次にフォークを優雅に使い、そして慎み深く食べるということです。各地の豊富な素材と優れた料理人の技術、拘りの強い国民性、料理を重要な文化として扱う姿勢によって成り立っています。ルイ王朝の頃にフランスの美食文化は開花し、19世紀に入りフランス料理が、街中のレストランでも食べられるようになりました。フランス料理には異なる2つの起源があり、農民、漁師の料理と宮廷料理が存在しているといえます。

フランス料理は、料理の出る順番が決まっています。オードブル(前菜)、スープ 、魚料理、肉料理、サラダ、デザートのコース料理として出てきます。日本人には、量が多いため魚料理や肉料理は、メインを選べるようになっていることが多いようです。高級レストランだけではなく、作法が求められない安価なフレンチレストランやビストロでも、こうした流れはいずれも持っています。

フランス料理の最も優れた点は、ソースにあると考えられています。ソースが発達していることから、世界各国で会合などの正式な食事もフランス料理の献立が採用されることが多いようです。しかし地方料理は、高級レストランなどに限らず一般家庭でも親しまれています。フランスの田舎料理には、野菜とトマトの煮込みなどじっくり煮込んだ料理が多いようです。




posted by グルメレポーター at 14:29 | 世界の料理
フランス料理 中華料理 トルコ料理 和食 韓国料理 エスニック料理など各国の料理にはそれぞれ特徴があります。 香辛料 野菜 魚介類 チーズ ワイン 多彩な食材が使われています。
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。