はなまるレシピは簡単 手軽で主婦に大好評なレシピです。男性も自作弁当 男の料理など料理に興味を持つ人が増えています。 マクロビオティック料理教室 イタリア料理教室などに通う方も多いですね。

スポンサードリンク

辰巳芳子 料理教室



辰巳芳子さんは、1924年生まれです。母親は、家庭料理、家事差配の名手と言われた辰巳浜子さんです。聖心女子学院卒業後、母親の傍らで料理とその姿勢を習得しました。独自にフランス・イタリア・スペイン料理を学び、広い視野と深い洞察に基づき新聞、雑誌、テレビなどで日本の食に提言を続けている料理研究家です。辰巳芳子さんは、「NHKきょうの料理」でもお馴染みの料理の先生です。

辰巳芳子料理教室は、自宅で毎月一回開かれ「スープの会」と呼ばれています。予約は3年待ちという人気ぶりです。辰巳芳子料理教室「スープの会」の最近のメニューです。
2008年 3月 26日「野菜のコンソメ」
2008年 2月 23日「鱈とじゃがいものブイヤベース、白いんげんのスープ」
2007年 11月 22日「さつまいものポタージュ・雑穀のポタージュ」
2007年 10月 17日「煮干出汁・根菜のけんちん汁」

辰巳芳子さんは、野菜のコンソメは、「はじめであり、終わりです。作り方を手に入れて、右から左に作れる人になってほしい」と語ります。料理教室のほかに、子供たちの食育活動として、手のひら1杯の大豆を子供たちに与えて、土に蒔き育て、収穫して加工し感謝して食する「大豆100粒運動」を行っています。

NHK教育テレビの福祉ネットワーク「この人と福祉を語ろう〜料理研究家・辰巳芳子」に出演された時には、料理を通して、人が現代社会の中で命を育むために必要なものは何かをじっくり語っていました。辰巳芳子さんが勧める味は、通販でも売られています。人気商品としては、一椀で一日に必要なビタミン、ミネラルが簡単にとれるスーパーミールや、手づくり麦茶 、島ザラメ糖などがあります。




posted by グルメレポーター at 14:12 | 料理 教室

スポンサードリンク

abc 料理教室



abc料理教室のコンセプトは、健康な人間づくりに欠かせない「食」の大切さをしっかり伝えていくこと、その「きっかけの場」を提供し続けることです。現代生活の中で自分が自分に戻れる、普通に食事を作り、ごはんを食べる暮らしをABCは提案しています。株式会社 ABC Cooking Studio(クッキングスタジオ)は、全国(北海道〜九州)99ヶ所(2008年3月25日現在)で展開する料理教室です。abc料理教室は、家庭料理からパン・ケーキまで、誰もが気軽に楽しく学べる女性専用の料理教室です。特に若い女性に支持されています。

abc料理教室では、4才から12才までの子供を対象にした「食」のスクール「abc kids」を運営しているので、子供は「abc kids」へ、ママは「ABC Cooking Studio」で安心して料理教室に通うことができます。また「+mスタジオ」は、男性の料理教室で、カップルで参加することもできます。

abc料理教室の特徴は、全国展開の料理教室なので、全国どこでも通学可能です。例えば、出張で東京から札幌へ1ヶ月。そんな時でも仕事の合間に札幌のabc料理教室に気軽に通うことができます。授業は、4〜5人の生徒に1人の先生がつく少人数制です。午前10時から午後10時まで、月〜日曜日まで毎日開講しているので、都合に合わせて予約できます。授業予約は、PC・携帯からも可能です。気の合う先生の授業を予約できる指名制度を採用しています。しかも、20〜30代の先生が多いので教室には元気があふれています。

また、入会する前に無料体験をすることができます。クッキングコースやケーキコースなど、希望のコースを実習しながら、スタジオの見学とコースの案内を受けられます。習いたいけど続くかどうか不安という方のためには、料理・パン・ケーキのレッスンが入会金不要、1回完結、1コイン(500円)で受けられます。ABC Cooking Studioは難民支援に積極的に参加していて、1dayレッスンの売上金の一部を国連UNHCR協会に寄付しています。あなたのレッスン料が、難民となった人々が、1日も早く、平和が戻った故郷で、笑顔のあふれる食卓を囲める暮らしを取り戻せるために使われます。



posted by グルメレポーター at 13:45 | 料理 教室

スポンサードリンク

マクロビオティック 料理 教室



マクロビオティックは、スーパーモデルや、マドンナ、トム・クルーズ、故マイケル・ジャクソンなどが実践しているそうです。現在のようなマクロビオティックを確立したのは、故桜沢如一氏です。桜沢氏は、すべての健康な肉体と精神、病気は食べ物と環境からくるという考え方から、日本に古くから伝わる食養生と、易の原理を組み合わせて、「玄米菜食」という自然に則した食事法を確立し、世界に広めました。

マクロビオティックは、マクロ+ビオティックの合成語で、「健康による長寿」「偉大な生命」などといった意味です。マクロビオティックは、その土地で採れる旬の食材を食べる身土不二、一つのものを丸ごと食べる一物全体という考え方に基づいています。日本古来の食事のように、玄米を主食、野菜や漬物や乾物などを副食とすることを基本とし、独自の陰陽論を元に食材や調理法のバランスを考え、自然と人の調和を回復しながら真の健康を目指す食事法です。

こうしたマクロビオティックの考えや理念を取り入れた、マクロビオティック料理教室が各地で開かれています。マクロビオティック料理教室を紹介します。
「Whole Foods Studio (ホール・フーズ・スタジオ)」
とれたての有機野菜や美味しい玄米を使った料理教室で、天野朋子さんが講師を勤められています。
「幸運を呼ぶ料理法 マクロビオティック料理教室」
マクロビオティックの生みの親、桜沢如一先生の弟子山本祥園先生に師事する田中理美子(たなかりみこ)さんが主任講師を勤めます。
「マクロビオティック料理教室 玄米な関係」
水と空気のいい環境で、玄米と野菜を使ったマクロビオティック教室を開催しています。
「マクロビクッキングスクール大阪校」
中美恵さんの、キレイニなるマクロビレシピがテーマのマクロビオティック料理教室です。
「G−veggieマクロビオティック・スクール」
心と体が中からキレイになるマクロビオティックを、一年間かけて基礎からじっくり学ぶマクロビオティック料理教室です。

このように多くのマクロビオティック料理教室が開催されています。マクロビオティックに興味をもたれたら探して問い合わせをされるといいでしょう。あなたもマクロビオティックを生活の中に取り入れ、健康で活き活きとした生活を送ってみてはいかがですか。


posted by グルメレポーター at 14:04 | 料理 教室
フランス料理 中華料理 トルコ料理 和食 韓国料理 エスニック料理など各国の料理にはそれぞれ特徴があります。 香辛料 野菜 魚介類 チーズ ワイン 多彩な食材が使われています。
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。