はなまるレシピは簡単 手軽で主婦に大好評なレシピです。男性も自作弁当 男の料理など料理に興味を持つ人が増えています。 マクロビオティック料理教室 イタリア料理教室などに通う方も多いですね。

スポンサードリンク

男 料理 教室



男性が料理教室に通うなんて、一昔前では考えられないことです。最近では、主婦やOLだけでなく、子供の料理教室や親子で通う料理教室、そして男の料理教室なども人気のようです。男性向けのコースを用意した料理教室も増えています。一流シェフがホテルで教えてくれるものから、カルチャーセンタや個人のサークルなどいろいろです。男性専用のものから、カップル・夫婦、親子で参加できるものや複数の男女が参加するタイプなどがあります。料理教室に通う男性の大半は、定年後に趣味として何かやりたいということで習うケースが多いようです。男の料理教室やサークルを紹介しましょう。

「江戸手打ちそば教室」
伊藤正雄さんは、66歳で現役引退。第2の人生を愉しむためにそば打ちをマスターしました。習った教室で腕と教え方の上手さを買われ、プロのそば職人養成コースの講師を務めていました。その後、東京・小岩の自宅を改装して、そば打ちを教え始めたそうです。
「男子厨房に入ろう会」
通称「男厨会」と言います。創立当時は、料理だけでなく、接待に使える店を開拓したり、異業種交流などをする会だったそうです。正会員は男性のみ。会の趣旨に強い共感を持つ女性も準会員として参加OKとされているようです。平均年齢は60代前後、最年少は40代です。ジャンルは日本料理をはじめ・イタリアン・中華などさまざま。料理を試食する際にはワインや日本酒などを開けて、皆で乾杯するのが習わしになっています。話題の店などへ行く「食べ歩き会」や、泊まり込みで燻製などを作る「夏季合宿」、毎年お正月には「干支を食する会」などのイベントを行っているそうです。

初めて料理に挑戦する男性でも参加できるようなコースも多くあります。包丁の使い方から、調味料の計り方、だしのとり方などを分かりやすく教えてもらえます。1回完結のコースがほとんどなので、試しに参加してみるのもいいかもしれませんね。




posted by グルメレポーター at 22:46 | 料理 教室

スポンサードリンク

イタリア 料理教室



イタリアは、三方を海に囲まれ、比較的温暖な地中海性気候に恵まれています。イタリア料理は地方色が強く、北部の料理は、隣接するフランスの料理に似ていて、オリーブ・オイルよりバターを使います。南部はスローフードが特徴で、トマトをはじめとする緑黄色野菜やきのこを使用したメニューが多くあります。また沿岸部は魚を食べますが、内陸部ではほとんど食べないなど地域差があります。

食事にその土地のワインを合わせて飲む習慣があり、サラミ、ハムなどの肉製品、チーズの種類の豊富なことも特徴です。コーヒーの消費も多く、イタリア式のいれ方としてエスプレッソ、カプチーノ、カフェ・ラッテが有名です。イタリア人気質とは、食べることを愛し、人生を謳歌することです。日本でもイタリア料理は人気があり、イタリア料理店のことを「イタメシ」と呼んだりして親しまれています。イタリア料理の作り方を学ぶ、イタリア料理教室は日本各地にあります。

参考までに、東京都世田谷にある「イタリア料理教室」をご紹介します。ここでは、イタリア郷土料理(イタリアの北から中部、南部までの料理)を学ぶことができます。前菜・パン・パスタ・ピッツァ・メイン・デザートなどの作り方とカフェの入れ方まで一環して学べます。
「イタリア料理教室 ラ フォンテ」では、下記のコースがあります。
・クチーナバーゼコースA(基礎コースA) 
・クチーナバーゼコースB(基礎コースB)  
・クチーナメディアコース(中級コース) 
・クチーナスーペリオーレ(おもてなしコース)
各コースとも1回3〜4品で、前菜からデザートまでフルコースで作ります。実習後はワインを傾けながら皆で楽しく試食をします。 時には、人間本来の特質にあった、体にやさしい食べ方であるスローフードを実践してみるのはいかがでしょうか。



posted by グルメレポーター at 22:07 | 料理 教室

スポンサードリンク

東京ガス 料理教室



東京ガスは「自分が何をお客さまに提供したか」ではなく、「お客さまがご満足いただけたか」を大切にした「CSマインド」を基本姿勢にした会社です。2002年からは、スローフードとして守っていきたい食材や農法を伝承している生産者から直接話聞いたり、料理したりしながら、「食」と「家庭料理」の大切さを考える活動をしています。東京ガスは、1885年の創立です。首都圏を中心とした地域へ都市ガスを供給している日本最大の都市ガス会社です。東京ガスは、主婦・OLはもちろん、子供や親子・男性まで、一人でもグループでも、一回から参加できる料理教室を開いています。

「東京ガスの料理教室の特徴」
@好きなときに参加できる一回完結コースが豊富なことです。目的やライフスタイルに合わせてコースを選択でき、より深く学びたいという方には、複数回のコースも用意されています。
A初めての方でも安心のきめ細かな授業。
B子供から親子・男性向けなど、多彩なコースを展開。定番の家庭料理から、おもてなしの料理、そしてお菓子やパンなどの他に食育教室「キッズ・イン・ザ・キッチン」や環境に優しい料理「エコ・クッキング」など新しい食生活の提案も行っています。
C料理講師は、すべて東京ガスの専属講師ですので、料理初心者でも安心です。
D入会金不要で、リーズナブルな受講料になっています。
E最新式のガス器具を始め、設備が充実しています。

五十代以上のシニア層の参加から火が付き、三十代、四十代にも広がった男性向け料理教室「男だけの厨房」には毎回、参加者が続々と集まり、キャンセル待ちが出るほど盛況です。参加者の一人三十代の会社員は「妻に何かあったときに、自分も作れるようにと 思って参加し始めました。食べることがそもそも好きで、楽しんでいます。ウイークデーは帰りが深夜になるため、月に一回ほどしか自分で料理を作りませんが、喜んでもらっています」などにこやかな感想が寄せられていました。

東京ガスの料理教室に参加してみませんか?そして、東京ガスの提案しているスローフードの考え(食を通じて「人間本来の喜び・楽しみを呼び戻そう」)を、毎日の生活に少しずつ取り入れ、家族みんなで家庭料理を楽しみましょう。


posted by グルメレポーター at 10:31 | 料理 教室
フランス料理 中華料理 トルコ料理 和食 韓国料理 エスニック料理など各国の料理にはそれぞれ特徴があります。 香辛料 野菜 魚介類 チーズ ワイン 多彩な食材が使われています。
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。