はなまるレシピは簡単 手軽で主婦に大好評なレシピです。男性も自作弁当 男の料理など料理に興味を持つ人が増えています。 マクロビオティック料理教室 イタリア料理教室などに通う方も多いですね。

スポンサードリンク

料理 教室



朝起きて、顔を洗って、服を着替えて食事をする。仕事や学校に行って、帰ったら食事をして、お風呂に入って、着替えて眠る。いつもの何気ない行動ですけど、ちゃんと家があって、服を着て、食べることができるというのは幸せなことですよね。衣・食・住は人間の生活に欠くことのできないものです。日本では、飽食の時代と言われ、世界各地から食材が集まり、食することに困るということがめったにない時代となりました。

テレビやマスコミはグルメ情報番組やグルメ情報を飽くことなく伝えています。美味しいものを食するツアー旅行はいつも満員盛況です。和食、西洋料理、中華料理、エスニック料理、韓国料理などを手軽に楽しめるお店も日本各地で見られるようになりました。家庭で料理する機会が減っている一方で、イタリア料理教室・フランス料理教室・韓国料理教室など様々な料理教室が開かれています。この他、子供の食育を目的にした子供の料理教室、男性を対象にした男の料理教室なども人気の料理教室になっています。

また、玄米を主食、野菜や漬物や乾物などを副食とすることを基本とし、独自の陰陽論を元に食材や調理法のバランスを考え、自然と人の調和を回復しながら真の健康を目指す食事法であるマクロビオティックの考え方を取り入れたマクロビオティック料理教室も人気料理教室になっています。一方、料理教室が密かに新しい出会いの場(いわゆる婚活)となっているという話もあります。男女共学の料理教室の入門コースに参加する若い男性が増えているそうです。教室参加者は男女とも「料理が苦手」という共通のコンプレックスを持っているので、料理を作るうちに打ち解けて話が弾みます。男性も料理を作るという「家事の分担」は、女性から見て好感度アップにつながるようです。

実際、有名シェフも「アルポルト」の片岡譲さんや「ラ・ベットラ」の落合務さんなど男性が多い事を考えると、男性の方が料理に向いているのでしょうか。女性の場合は、栗原はるみさんや平野レミさんなどのように料理研究家として活躍されてる方が多いようですね。家庭料理は女性が、アウトドアやちょっと凝った料理は男性がというように分担するのもいいかもしれませんね。 




posted by グルメレポーター at 18:43 | 料理 教室
フランス料理 中華料理 トルコ料理 和食 韓国料理 エスニック料理など各国の料理にはそれぞれ特徴があります。 香辛料 野菜 魚介類 チーズ ワイン 多彩な食材が使われています。
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。