はなまるレシピは簡単 手軽で主婦に大好評なレシピです。男性も自作弁当 男の料理など料理に興味を持つ人が増えています。 マクロビオティック料理教室 イタリア料理教室などに通う方も多いですね。

スポンサードリンク

トルコ 料理



トルコ料理はフランス料理、中国料理と並ぶ「世界三大料理」のひとつです。トルコは東西文明の十字路といわれ、ヨーロッパとアジアの文化が交わって栄えてきました。大きさは日本の2倍あり、黒海、地中海、エーゲ海に囲まれている国です。中央アジア、ペルシャ、アラブの食文化が融合した料理は、ユーラシア大陸を大移動した遊牧騎馬民族の歴史を物語ります。現在のトルコ料理は、栄華を誇ったオスマン宮廷料理から発したと言われています。

トルコは、土地や気候に恵まれ食糧の自給自足が出来る世界でも数少ない国で、ヨーロッパにも輸出している程です。古くからシルクロードの要衝であったため、香辛料がとても豊富で、中国食文化の影響も多く、春巻きや水餃子なども存在します。自国の食材を生かし、香辛料をたっぷり使った中近東料理と、オリーブオイルやトマトを使った地中海料理などが混ざり合いさまざまな料理が発達してきました。肉、魚、卵、野菜などの豊富な食材での調理法もバラエティに富んでいます。

トルコは、イスラム教徒が多く、不浄とされるブタを使用した料理はほとんどありません。羊肉をよく食べ、味付けはシンプルに塩・胡椒が基本です。また、ヨーグルトも多く使い、「ヨーグルト」という単語はもともとトルコ語なのだそうです。コムギ、オオムギの原産地もトルコです。前菜として出されるメゼは種類が多く、トルコ料理は前菜の「メゼ」に始まり、スープ、サラダ、シシカバブに代表される肉料理、地中海の食材を生かした魚料理、そして甘いデザートと種類も豊富です。

豆や野菜を使った料理が多く、米の付け合せの多い料理は日本人の舌によく合うものが多いようです。特に辛いものが好きな人には、トルコ料理はお勧めの料理です。トルコでは、日本人が緑茶を飲むように、チャイ(紅茶)が一番よく飲まれています。紅茶といってもミルクは入れず、砂糖を多めに入れて飲みます。バラエティに富んだトルコ料理、あなたも一度召し上がってみてはいかがでしょうか。




posted by グルメレポーター at 16:16 | 世界の料理

スポンサードリンク

中華料理



中華料理は、中国4,000年の歴史が誇る美食であり「世界三大料理」のひとつです。中国では中国料理と呼ばれ、宮廷料理から発展したもので、君主お抱えの料理人たちの、それぞれの洗練された料理です。日本や西洋に比べ、強い火力を用いる調理が多く、海外の料理や食材を積極的に取り入れ、消化・応用することが中華料理の特徴です。麻婆豆腐の唐辛子や、青椒肉絲のピーマンなどは中華料理に欠かせない食材ですが、中国に伝わったのは16世紀以降と、歴史的にはつい最近の食材にすぎません。また、オイスターソースは広東料理には欠かせないものですが20世紀に入ってから普及されました。

中華料理は、中華八大料理(八大菜系)に区分されます。山東料理・江蘇料理・浙江料理・安徽料理・福建料理・広東料理・湖南料理・四川料理です。またこの中でも、北京料理、上海料理、広東料理、四川料理は中国4大料理といわれています。北京料理は、濃厚な料理が多く、北京ダックや鶏肉の味噌炒めなどが有名です。広東料理は、日本で中華料理というと、海産物を豊富に使った広東料理を指している事が多いようです。上海料理は、上海ガニが有名で、醤油や砂糖を多く使っています。四川料理は、ネギやニンニクを使った料理が特徴で、代表は麻婆豆腐です。中華料理の手法も、海外の料理に大きな影響を受け、独自の発展を遂げています。

中華料理は大きな円卓を囲み、大皿に盛られた料理を取り分けるスタイルが一般的です。広東料理を食すマナーとして中華料理を食す際は、皿は手で持たない、スープ類には蓮華がついてくるのはそのためです。また、箸はテーブルの上に縦にして直に置きます。飲茶の場合は、お茶をつがれる際に、「中指と人差し指(もしくは人差し指1本)でテーブルを叩く」、これは注いでくれる相手に対してのお礼になるといいます。 中国料理を食する際、会話を楽しみながら食すので、注いでくれた人に対し、会話の腰を折ることなく「お礼」が伝えられるのです。茶碗は左手で茶託ごと持ち上げ、ふたをずらして飲み、おかわりをする場合は、急須のふたを斜めにずらしておきます。


posted by グルメレポーター at 12:37 | 世界の料理

スポンサードリンク

フランス 料理



フランス料理は、世界三大料理の一つであり、西洋料理を代表する料理です。フランス料理といって思いつくのは、パンにワインに、チーズそしてフォアグラ、キャビア、トリュフなどの世界三大珍味ではないでしょうか。18世紀当時の料理の先進国はイタリアでした。フランス王アンリ2世と、イタリア・フィレンツェの貴族メディチ家の娘カトリーヌ・メディシスが結婚したことでフランスの料理は大きく変化します。カトリーヌの専属シェフにより、現在まで受け継がれているフランス料理とテーブルマナーが伝わりました。

フランス料理のテーブルマナー(礼儀作法)の第一は、「清潔」です。食前に手を洗う習慣をつけ、次にフォークを優雅に使い、そして慎み深く食べるということです。各地の豊富な素材と優れた料理人の技術、拘りの強い国民性、料理を重要な文化として扱う姿勢によって成り立っています。ルイ王朝の頃にフランスの美食文化は開花し、19世紀に入りフランス料理が、街中のレストランでも食べられるようになりました。フランス料理には異なる2つの起源があり、農民、漁師の料理と宮廷料理が存在しているといえます。

フランス料理は、料理の出る順番が決まっています。オードブル(前菜)、スープ 、魚料理、肉料理、サラダ、デザートのコース料理として出てきます。日本人には、量が多いため魚料理や肉料理は、メインを選べるようになっていることが多いようです。高級レストランだけではなく、作法が求められない安価なフレンチレストランやビストロでも、こうした流れはいずれも持っています。

フランス料理の最も優れた点は、ソースにあると考えられています。ソースが発達していることから、世界各国で会合などの正式な食事もフランス料理の献立が採用されることが多いようです。しかし地方料理は、高級レストランなどに限らず一般家庭でも親しまれています。フランスの田舎料理には、野菜とトマトの煮込みなどじっくり煮込んだ料理が多いようです。


posted by グルメレポーター at 14:29 | 世界の料理
フランス料理 中華料理 トルコ料理 和食 韓国料理 エスニック料理など各国の料理にはそれぞれ特徴があります。 香辛料 野菜 魚介類 チーズ ワイン 多彩な食材が使われています。
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。